ブログトップ

acci-cocci あっちこっち

acciicocci.exblog.jp

もう2つの島の物語り 映画上映会決定!

10月に「hibitanのかっぽうぎ島に舞う」開催記念として、hibitanがすばらしい映画上映を企画してくれて、acci-cocciで上映することになりました。ありがとうhibitan!

e0196676_15124370.jpg


<上映作品紹介>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『祝の島(ほうりのしま)』
e0196676_15245196.jpg


(ドキュメンタリー/2010年 105分/監督:纐纈あや)
1000年前、沖で難破した船を助けたことから 農耕がもたらされ、 子孫が栄え、 現在に至るまでいのちをつないできた小な島がある。 人間の営みが自然の循環の一部であることが、祝島でははっきりと見える。 「海は私たちのいのち」と島の人は言う。 1982年、島の対岸3.5kmに原子力発電所の建設計画が持ち上がった。 「海と山さえあれば生きていける。だからわしらの代で海は売れん」 という祝島の人々は、以来28年間反対を続けている。 効率と利益を追い求める社会が生み出した原発。大きな時間の流れと共にある島の生活。 1000年先の未来が今の暮らしの続きにあると思うとき、私たちは何を選ぶのか。 いのちをつなぐ暮らし。 祝島にはそのヒントがたくさん詰まっている。 (公式HPより抜粋)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『島の色 静かな声』
e0196676_15251277.jpg


(ドキュメンタリー/2008年 75分/監督:茂木綾子)
美しく手付かずの自然と貴重な動植物が今も残る西表島。猛暑や台風といった過酷な自然環境の中、素朴に生きる村人の生活は、現代生活で失われた自然との共生、良質な手仕事、独自の信仰、伝統行事など、日本でも古く貴重と思われる南方文化が色濃く残されている。主な被写体は、アトリエ「紅露工房」を営む染織作家の石垣昭子氏と、そのパートナーで三線奏者の石垣金星氏。現在彼らが積極的に取り組んでいる、伝統文化や環境を守るための活動は、都市化、機械化し、自然破壊しながら全体化していく世界の流れに対し、小さな存在ではあるが、未来を考える上で、大変意味のある一つの姿である。 (公式HPより抜粋)
[PR]
by cocciacci | 2010-09-22 15:13 | アートフェスティバル 
<< かっぽうぎ作りワークショップ参... アルノムールマン写真展「はだか... >>