ブログトップ

acci-cocci あっちこっち

acciicocci.exblog.jp

カテゴリ:未分類( 24 )

展望

e0196676_6551142.jpg

今回の「いのちの休息」広報部の打ち合わせで知りあったNさんと今後の展望の話題で盛上がった。
日頃この小さなaccicocci事務所でパソコンに向かって仕事をすることが多いなかNさんのパワフルなエネルギーと明るい人柄が現実のこの時空間をどこか違う場所へ運んでくれたみたいだ。
Nさんはこの地で9年程大きなイベントを企画して動かしてきた実績があるようで、いろんなアドヴァイスをしてくれた.時々歌をうたったり、司会などもやりイベントの表舞台に立つ事もあるようだ。「芸術祭」となるものを企画するにあたり、それにかかる準備段階の過程、話の進め方など経験を通して得て来たやり方を次々に話してくれる。こちらは「ほーーーー、へーーー、はーーーー」と口を開けて聞いている。やはりこの土地で実績のある方の話には説得力がある。
ということで、今後はNさんのパワフルなお力添えを頂く事になりそうです。
新潟の十日町トリエンナーレの芸術祭の総合ディレクター「北川フラム」氏が「ある時地元の小学生の男の子が大きな仮設舞台の真ん中にどーんと座り込んでおいしそうにおにぎりを食べている姿を見て、あー芸術祭をやってよかった」と思ったそうです。
なんだかいい話です。
アート(創造性)の力を信じて、アートにできることの可能性が花開くような環境耕作を大好きなこの佐渡島で継続していきたいと思う日々です。
まずは企画書作りから。
2年後へ向けて展望が少しづつ広がって行く事を願って。
[PR]
by cocciacci | 2009-09-03 07:24

「北川フラム氏」に会う

今年で4回目になる新潟県「越後、妻有 大地の芸術祭」へ行って参りました。
大地の芸術祭
e0196676_21281374.jpg

野外美術館といったかんじで6つのエリアに渡りひろーい範囲であちこちいろんなアート作品が点在しているのをオリエンテーリングのようにツアーをして見て回ります。これを一つ残らず全部見て回った方は何人くらいいるのでしょうか?
信濃川という堂々と流れる川の流れを中心に、山あり、棚田あり、温泉あり、古民家ありと、日本の原風景をバックグラウンドに現代アートを浮き上がらせているところがこの芸術祭の醍醐味のようです。かなり大きな規模なので、アートを見に来ている側もエネルギーが要りました。
その昔東京でアクティブに活動していた頃の私の知合いの名前をこのフェスティバルに関わるアーティストとして何人か見かけ、9年という年月を経てきているこのフェスティバルの広がりをそんなところでもピリリと実感することができました。
e0196676_21285220.jpg

さてさて、今回この芸術祭の総合アートディレクターの「北川フラム氏」に偶然会う事ができ(見つけてくれたみおこちゃんに感謝)、万が一そんなことがあるかもしれないと、その時の為に持ち歩いていた「Heart Art Project」の資料と共に「どうぞ北川さんのお力添えを宜しくお願い致します」と手渡してきました。北川氏「メイル、拝見しましたよ。ま〜〜〜、難しいでしょうねえ。う〜〜〜〜〜〜〜ん。」とおっしゃっていました。
はいごもっともです。そこからが全ての始まりです。難しいからこそ、進んで行くのがおもしろいと思うのです。
acci-cocciもうすでに次回の構想へと進んでおります。
気がつけば秋桜の季節です
e0196676_2129937.jpg

[PR]
by cocciacci | 2009-09-01 07:43

フル操業

e0196676_065295.jpg

本日は36日後に迫った「いのちの休息」に向けて、強力な味方のさっちー&あさぎちゃんと打ち合わせ。収支、プレイベント、チケットの手配、当日のイベントスタッフに関することなど。。。一人でパソコンの前にいるだけではでてこないようなことが、でてくるでてくる。
こうやって話すということがいかに大事なのかがよ〜くわかります。社会に揉まれてます。学ぶ事山ほどありそうです。acci-cocciの片腕は窓際の一番暑い席で汗タラタラしながらチラシ校正の最終チェック。ありがたや〜〜〜。最近こればっか。
さて話題は変わって、島の芸術祭実行委員会を立ち上げるにあたり、第一回目の集まりを7月終わりに開催。
佐渡という土地でアートというものがどういうふうに考えられているのか、自分の考えている島の芸術祭という構想がどこまで他の人に伝わるのか、現実的にそれらの考えをどうやって現実の形にしていけるのかという大きなテーマを持っての開催でした。当日はCNSテレビの遠藤さんにもお越し頂き、その模様がテレビ(佐渡テレビ)で放映され、それを見たという市議会議員の方とお話をする機会があったのですが、「島の芸術祭いいですねえ。佐渡にはほんとにたくさんの素晴らしい芸術があります。どんどんやっていきましょう」と初対面からとてもポジティブなご意見をいただきました。
acci-cocciの目指す「古きと新しきを繋ぐ」方向に少しでも成長しながら進んでいきたいものです。
ちなみにこの繋ぐという考え方は私のライフワークでもある「ヨガ」から学んでいる事なのです。
繋ぐ作業は尽きる事がないんですよね。どこまでも。。。。。。。。。。。
acci-cocciの事務所&shop「アートみたい」が近々オープン予定。
いやあ久々のフル創業です。
[PR]
by cocciacci | 2009-08-28 00:07

ダンサー森山開次に会う

e0196676_13404461.jpg

e0196676_1341535.jpg

先日、相川の春日神社能舞台へ行ってきました。
NHK「からだであそぼう」でダンスをしている森山開次さんのダンスを見に。
能:津村禮次郎、和太鼓:金子竜太郎、ダンス:森山開次、古典と現代のダイナミックな融合、個性的な演出で観客を魅了していた。
森山さんの遠いご親戚が佐渡の方なのだそうだ。
佐渡って時々こんなふうにスゴい人がひょっこりとやってくるのが面白い。
佐渡では人間国宝が店番してたり。。。なんてざらにあるらしいし。
開次さん、次回のHeartArtProjectに参加してもらえるといいな。。。と終演後はacci-cocci制作モードに切り替えて、本人と少し話をする。とても誠実そうなお人柄。仕事の話となるとマネージャーを通して進めなければならないようだ。夢は膨らみつつの中で現実にしっかりと事を進めるために、何事も経験。社会のシステムをこういうことで学んで行ける事もありがたいと感謝しなければ。。。ありがたや〜〜〜
とりあえずは10月です。
[PR]
by cocciacci | 2009-08-26 13:58