ブログトップ

acci-cocci あっちこっち

acciicocci.exblog.jp

<   2009年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

新潟日報取材記事

2009年10月28日(土)掲載記事
新潟日報「元気づくり応援」
acci-cocciのおとなりさん「えんや」さんと、acci-cocciのことが新聞記事になりました。
e0196676_958821.jpg

[PR]
by cocciacci | 2009-12-28 09:58 | 記事/取材

acci-cocciの空間演出家

3ヶ月前から
acci-cocciの偉大なる右腕ベルギー人のArnaud Meuleman(アルノ ムールマン)の手によってacci-cocciの空間演出がはじまりました。
アルノさんは、空間研究家という日本ではあまり知られていない分野の研究をしています。
そのアルノさんによる3ヶ月に渡る空間演出の様子をピックアップしてみました
改装前一階
e0196676_12171222.jpg

改装前二階
e0196676_12172918.jpg

廃材を洗って天日干し
e0196676_1217572.jpg

土壁ように竹組み
e0196676_12181273.jpg

土壁が乾くのに扇風機2台フル稼働で2週間程
e0196676_12182696.jpg

とりあえず2階での生活が始まりました。家の中のテント寝室は暖かくて思ったよりも快適
e0196676_1220751.jpg

土壁の上から漆喰で仕上げたキッチン
e0196676_12194241.jpg

存在がすでに暖かい薪ストーブ。acci-cocciのハート的存在です
e0196676_12202482.jpg

ギャラリーの白壁が誕生です!いろいろな作品や映像がこの壁に演出されることになるでしょう
e0196676_12243730.jpg

[PR]
by cocciacci | 2009-12-20 12:28 | 日記

白の魔法

e0196676_11261036.jpg

acci-cocciの入口に窓をリサイクルして作った「インフォーメーションコーナー」ができました
3ヶ月前から改装を始めてようやくacci-cocciらしい空間に近づいてきたかな?
先週末は薪ストーブを設置しました
煙突の付け方がわからなくて、その道の達人「やまじさん」に手伝って頂いて完成
あったかいんですねえ、薪ストーブ
この空間に,ぴったりはまっています
3歳の娘は「えんとつがあるから、サンタさんがくるよね〜」と大喜び!
薪ストーブがついたと思ったら今日は雪模様
薪ストーブと雪は相性がとてもいいですね
見慣れた景色が突然「白の魔法」にかけられたみたい
カメラを持って白の魔法撮影に外へ
acci-cocciのある、この場所は「恋ヶ浦」というところで、その昔「順徳院」が上陸した由緒ある場所なんだそうです
雪景色の中、順徳院が佐渡に上陸した時に詠んだという記念碑の句が目にとまりました
その句が心に響くような静かな冬の一日です
e0196676_16402749.jpg

[PR]
by cocciacci | 2009-12-17 11:28 | 日記

ことはじめ

e0196676_22441626.jpg

acci-cocci(あっちこっち)の
やりたいと
おもっていたことを

かたちにしてみる

じかんが

やってきたようです

acci-cocciの

『ことはじめ』
[PR]
by cocciacci | 2009-12-15 22:51

ホピの予言上映会

まあさんからの「acci-cocciで映画上映しない?」
の一言で、決定しました

『ホピの予言』
記念すべきacci-cocciオープニングイベント初日に
上映します

ホピの予言について(上映時間1部・2004年版含め100分)
アメリカインディアンホピに伝わる予言を軸に私たちの日ごろ使っている電気の材料はどこから来ているのかの問題提起
(第一部・30年前の作品)と解決策のヒント(2004版)を提示しています
アメリカ南西部、ユタ、アリゾナ、ニューメキシコ、コロラドの四つの州がひとつに交差しているフォー・コーナーズ
コロラド高原といわれる荒涼たる砂漠と、グランド・キャニオンなどの巨大な渓谷に囲まれたここは長い間、いわゆる
西洋近代から隔絶した空間であり、そこに住むホピやナバホ・インディアンたちによって聖地として守られてきた土地
であった。「ホピ」それは「平和で満ち足りた人々」という意味であり
グレート・スピリットの教えに従ってその道を行く人々という意味でもある
あなたが待っていたのは実はあなた自身
映画終了後に*トーキングサークルを行います
アメリカインディアンに伝わるシンプルな手法トーキングサークルで自分の思っていること感じていることを
話し合いましょう。 話すことで無理のない新しい生き方が生まれてきます
*トーキングサークル
批判や中傷ではなく、自分の感じたことを中心に話し合う。 木のスティックを持った人だけが語る。他の人はただ話しに耳を傾ける。 自分のことを語る、人の話を聞く練習でもある。



「ホピの予言」映画上演会 道先案内人
障子川 則子(しょうじがわ のりこ ・Silent Roots)
カウンセラー
ストーリーテラー
(アイヌの伝承弦楽器トンコリとアメリカインディアン伝承笛ネイティブフルートを奏でながら先住民に伝わる昔話の語り)
先住民文化(アイヌ・アメリカインディアン・アマゾン先住民など)紹介を通じて生老病死、「いのち」を伝えることを生業としている
Silent Rootsはインディアンネームでアメリカインディアン・チェロキー族とつながりが深い
ホピ族とのつながりは2005年から
2006年2月にホピの居留地を訪問
以後ホピの予言の上映会を各地で開催し続けている
現在、先住民的精神性(自然な暮らし方・ゆりかごから墓場まで・性教育・出産・育児・介護)
エコロジーの学びあい(食・ハウスキーピング・有機・自然E農地と消費者とのつながり)
助け合いの団体、自然生活研究会を立ち上げ中
e-mail noriko@tensi.to HP http://silentroots.ddo.jp/

e0196676_030111.jpg

e0196676_0322434.jpg

[PR]
by cocciacci | 2009-12-13 01:34 | 過去の映画上映

茶の味


『茶の味』
2004年カンヌ国際映画祭
 監督週間オープニング上映作品(邦画初)
e0196676_2320791.jpg

みんな夕焼け見てた
宇宙のはしっこで

ありそうで、なかった日本ならではの時間と空気感が新しい映画
個人的には挿入歌の『山』と森山開次のダンスが何度見てもはまります
日本の美しい里山の自然をバックに、いとおしくもやさしい『新・家族の風景』を斬新に描いた作品


スタッフ
監督・原作・脚本・編集 :石井克人
助監督 : 志賀研介
撮影 : 松島孝助
美術 : 都築雄二
録音 : 森浩一
効果 : 坂本典之
照明 : 木村太朗
音楽 : リトル・テンポ
キャスト
春野一 : 佐藤貴広
春野アヤノ : 浅野忠信
春野美子 : 手塚理美
春野ノブオ : 三浦友和
春野幸子 : 坂野真弥
鈴木アオイ : 土屋アンナ
轟木アキラ : 我修院達也
オバア : 樹木希林
轟木一騎 : 轟木一騎
守山モリオ(ダンサー) : 森山開次
寺子アキラ : 中嶋朋子
ナレーション : 和久井映見
[PR]
by cocciacci | 2009-12-12 23:24 | 過去の映画上映

くじらの跳躍

「くじらの跳躍」
1998年 文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門 大賞
e0196676_0315987.jpg

どこまでも透き通るエメラルドグリーン。。。
夢で見た海の色だ
美しく、温かみのあるイラストレーションと滑らかな3DCGが解け合う、誰も見たことが無いガラスの映像詩
たむらしげるファンスワールド劇場初公開上映
僕らは今、ファンスワールドの入口にたった


■メインスタッフ
監督・原作・脚本・イラストレーション: たむらしげる
原作本: 「クジラの跳躍」メディアファクトリー刊/3Dビジュアルディレクション: 加藤慎也
プロデュース・ディレクション: 潮永光生
CGアニメーション・イフェクト: 森泉絵里、長鳶義道、古都 祥
CGアニメーション・イフェクト: 長谷部哲也、林 直樹/音楽: 手使海ユトロ
アニメーションプロデューサー: 上田明美、プロジェクトチーム サラ/アニメーション: 大島りえ、柏木響子、富田悦子
サウンドデザイン: 染谷和孝/制作: 愛があれば大丈夫
■メインキャスト
ナレーション: 永瀬正敏
夢を見た男: 利重 剛
少年: 小笠原健人
画家のR: 三谷 昇
老人: 永井一郎
[PR]
by cocciacci | 2009-12-12 20:18 | 過去の映画上映

ユーリ ノルシュテインの世界より—話の話ー

『ユーリ ノルシュテインの世界—話の話ー』
つぶやくような子守歌。それに呼び出された狼の子。狼の子はおぼえている。廃屋に大勢の人が平和に住んでいた時代、街灯の下で男女がタンゴを踊った時代、男たちが戦場に奪い去られた時代・・。忘れ去られた時をこのアニメは詩として歌う。幻想的であり強烈なリアリティ。世界アニメ史上に残る名作。
e0196676_05156.jpg

1979年/29分/カラー
脚本:L. ペトルシェフスカヤ、 Y. ノルシュテイン
監督、アニメーション:Y. ノルシュテイン/美術:F. ヤールブソワ
撮影:I. スキダン=ボーシン
音楽:M. メェロ−ヴィチ、およびW. A. モーツァルト、J. S. バッハ
編集:N. アブラーモワ
声優 :A. カリャーギン(狼)

第十三回全ソ連映画祭 最優秀賞(ドウシャンペ/1980)
リラ国際映画祭 最優秀賞、国際批評家連盟賞、ノルド賞(フランス/1980)
オーバーハウゼン国際映画祭 国際映画クラブ連盟賞(西ドイツ/1980)
カトリック批評家賞(1980)
第五回ザグレブ国際映画祭 最優秀賞(ユーゴスラヴィア/1980)
オタワ国際映画祭 最優秀賞(カナダ/1980)
第二回モスクワ国際青少年映画祭 最優秀アニメーション賞、観客審査員賞(1980)
ロサンジェルスにおいて行われた映画芸術アカデミーがハリウッドASIFAと共催した国際アンケートで『話の話』が“歴史上世界最高のアニメーション映画”として認められた。(アメリカ/1984)
[PR]
by cocciacci | 2009-12-12 18:39 | 過去の映画上映

たんぽぽ

『たんぽぽ』
たかがラーメン、されどラーメン。ラーメンにまつわる話。
ラーメン屋を町一番の店にするまでを、奇想天外の食物がらみのエピソードを混ぜて描いた映画。この映画を見た後はラーメンが食べたくなることまちがいなし。

e0196676_163678.jpg

メインスタッフ
監督:伊丹十三
製作:玉置泰 /細越省吾
脚本:伊丹十三
撮影:田村正毅
音楽:村井邦彦

メインキャスト
山崎努 (ゴロー)
宮本信子 (タンポポ)
役所広司 (白服の男)
渡辺謙 (ガン)
桜金造 (ショーヘイ)
[PR]
by cocciacci | 2009-12-12 12:56 | 過去の映画上映

Playtime

『Playtime』
言語:フランス語
字幕:日本語
「タチ・ヴィル」と呼ばれる2500平方メートルの巨大なセットがパリ郊外のパンセンヌに作られ、高画質の70mmフィルムを使用して撮影が行われた。細部へのこだわりから全体の3分の1を撮り直したり、ほぼ全ての俳優のパントマイムをタチ監督自ら指示するといったこだわりもあり、最終的には撮影期間は丸2年、制作費も現在の額にして1540万ユーロというフランス映画では前例のない多額に及んだ。
e0196676_1314393.jpg

1968年度パリ・アカデミー・デュー・シネマ グランプリ
1969年度モスクワ国際映画祭銀賞
1969年度ウィーン映画祭大賞
1969年度ストックホルム・スウェーデン映画オスカー

生産者:ルネシルヴェラ
脚本:ジャックタチジャックラグランジュ
写真:ジャン=バダルとアンドレアス カン;
エディタ:ジェラルド
プロダクションデザイナー:ユージンローマ-
音楽:フランシスルマルク
アフリカテーマ:ジェームズキャンベル
芸術協力:ジャックラグランジュ
英語対話:アートブッフバルト

出演
ジャックタチ( メートルHulot)
バーバラDennek( カップル観光 )
ジャクリーヌルコント( 彼女の友人 )
ヴァレリーカミーユ( メートルルーチェ'秘書 )
フランスロミリー( 女性販売メガネ )
フランスDelahalle( ショッパーデパート内 );
ランプでロールPailletteとコレットプルースト(2人の女性 )
エリカDentzler(Mme.ジファール )
イヴェットDucreux( 帽子チェックの少女 )
リタローゼンメイデン( シュルツ氏のコンパニオン )
ニコルレイ( アーティスト );ジャックゴーティエ( ガイド )
アンリPicolli( 重要な紳士 )
レオンドアイヤン( ドアマン )
ビリーカーンズ( メートルシュルツ )
[PR]
by cocciacci | 2009-12-11 13:14 | 過去の映画上映