ブログトップ

acci-cocci あっちこっち

acciicocci.exblog.jp

<   2010年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ベルギーチョコレート入荷しました

ベルギーからおいしいチョコレート直輸入
オランジェットOranggette
入荷待ち
ベルギーの小さなショコラティエから届きました
オレンジピール(皮)をビターチョコレートでコーティング
e0196676_1748724.jpg
 

コット ドール Cote d'or
ベルギー国民に大人気のチョコレート
ミルク 入荷しました
ブラック入荷しました
NEW!ジャンデューヤ入荷しました
e0196676_17503744.jpg


acci-cocciにて販売中
問合 0259-55-2629
[PR]
by cocciacci | 2010-02-20 17:51 | ベルギーのおいしいもの

ベルギーの本

ベルギーってどんな国?
以外と知られていない「ベルギー」のこと
ということで、気になる方は是非acci-cocciへ遊びに来てください
ご希望の方には、本の貸し出しもしています
そして、ベルギーのものをaccicocciで少しずつご紹介していこうと予定しています
そのうち、ベルギー旅行に行きたくなる方も、ちらほらでてくるんではないかな。。。。
現在accicocciにあるベルギーに関する本はこちら

雑誌「旅」あったかいもの見つけたい。ベルギーの冬時間
e0196676_23381687.jpg

「ベルギーの田舎町」ベルギー田舎町の個性的な村々のご紹介
e0196676_23392755.jpg

「ベルギーグルメ物語り」フランスよりおいしいフランス料理はベルギーにある。
e0196676_23394958.jpg

「フランス ベルギーのかわいい本」さあ二つの国へかわいいもの探しに出かけよう
e0196676_23401896.jpg

「フランス オランダ ベルギー雑貨とおいしいものを探す旅」
ヨーロッパでのかわいいもの探しのできる「朝市」「蚤の市」など、為になる情報満載の1冊です。
e0196676_00126.jpg

[PR]
by cocciacci | 2010-02-19 23:36 | ベルギーもの

新潟日報記事

2月18日の新潟日報の佐渡版にacci-cocciの記事が掲載されました
e0196676_1635318.jpg

どうぞ宜しくお願い致します!
[PR]
by cocciacci | 2010-02-18 16:04 | 記事/取材

もうひとつの顔

acci-cocciのもうひとつの顔の紹介です
e0196676_18251128.jpg

acci-cocciの右腕、アルノさんによる「ベルギーワッフル」が島内の定期市場にデビューしました
ベルギー人によるベルギーワッフルです
アルノさんが小さい頃から食べ慣れている味、おばあちゃんのレシピ をそのまま再現しているそうです
本日はデビュー3日目でした
初日は両津の夷市場。お昼頃から雪模様
2日目はプチ本町市場。朝から吹雪
3日目は佐和田の河原田市場。午後から雪模様
悪天候の中「寒い!」の一言も言わずに黙々とワッフルを焼いている、頼もしいアルノさん
今日佐和田市場では、友人から「佐和田市場デビューおめでとう!」のお花をいただきました
感動!!
皆様、どうぞよろしくお願い致します


佐渡ベルギーワッフル詳細
[PR]
by cocciacci | 2010-02-11 18:40 | ベルギーのおいしいもの

「めがね」終了

e0196676_17404052.jpg

ご来場ありがとうございました
[PR]
by cocciacci | 2010-02-07 17:41 | 日記

『un escargo vide 』ライブ決定!!

e0196676_1561952.jpg

2月28日(日)17:00〜入場無料
un escargot vide ライブ

パリ在住のマルチなアーティスト、セバスチャンがaccicocciにやってくる。映画上映「かもめ食堂」終了後にライブがあります

からっぽの貝殻をみつけて、そこに日常の解釈をつめこもう。
生年月日:1981年1月15日
ため息と笑み、あらゆる瞬間の妄想や憑依、夢日記、黒インキ、交換留学生として武蔵美ですごした数ヵ月。。。
紙の補助線なんか消して、自分の線を引こう。その日の疲労度と紙 の透明度に応じて・・・
からっぽの貝殻をみつけて、そこにいろんなものをつめこもう。
エレクトロのメロディ、デジタル・ピクニック、アコースティックなデート、ほほえみとコンピュータのキー、フィールドレコーディング、ランドスケープの断片、物語の許容範囲とみちすじ・・・

『un escargo vide』詳細
e0196676_1433100.jpg

[PR]
by cocciacci | 2010-02-03 15:53 | ミュージックライブ

ガイアシンフォニー第四番

地球交響曲ガイアシンフォニー
『地球交響曲第4番』3月21日(日) 14:00〜
この映画は、21世紀の到来を前に、地球(ガイア)の未来にとって、極めて示唆的なメッセージをもつ世界の6人の人々のオムニバス映画です。登場人物はいずれも、現代の常識を越えた事を成し遂げた人、あるいは体験した人達です。
 今生きている我々ひとりひとりが、"心”にどんな未来を描くかに依って、現実の地球(ガイア)の未来が決まってくる。映画「地球交響曲(ガイアシンフォニー)」が、全ての人々の"心”のための元気薬になれば、と願っています。映画監督:龍村 仁

地球交響曲第四番 2001年
e0196676_1412069.jpg

21世紀は、人類のあらゆる営みの基盤にやわらかな“霊性”(スピリチュアリティ)が求められる時代になって来ると思います。
教育、文化、芸術の分野ではもちろんのこと、従来は“霊性”とは縁遠いと思われていた政治、経済、科学などの分野でも、それが最重要な課題になってくると思うのです。
なぜなら、“霊性”を持たない人類の営みが、我々人類だけでなく、この地球の全生命の未来を危うくしていることに、もう誰もが気づき始めているからです。

“霊性”とは、私たちひとりひとりが、日々の何気ない営みの中で、
「自分は、母なる星地球(ガイア)の大きな生命の一部分として、今ここに生かされている。」ということを、リアルに実感できる、その力のことをいうのです。

自分の内なる“霊性”に目覚めることによって、人は謙虚になります。
日々の出来事に対して、感謝の気持ちを持って対処できるようになります。
自分以外の生命のことを、本気で考え、行動し、祈る、ことができるようになります。
遠い未来を想い、遙かな過去を感じる力だって増してくるでしょう。
見えないものを見る力、聴こえない音を聴く力だって甦ってくるかもしれません。
そしてそのことが、結局、自分自身を最も幸せにするのだ、ということに気づき始めるのです。内なる”霊性”に目覚めるのに、必ずしも旧来の宗教が必要だとは思いません。

21世紀に生まれ、育つ子どもたちにとって、“霊性”に目覚める道は無限にあります。
科学、芸術、スポーツ、教育、経済、政治・・・・、
100人の人がいれば、100通りの道がある、というのがこれからの時代でしょう。

ただ、確認しておかなければならない大切なことが、いくつがあると思います。
まず第一は、「全ての人の中に“霊性”の芽が必ずある」ということへの揺るぎない信頼です。この信頼があってこそ、“霊性”に目覚める無限の道が開けるのです。

そしてもう一つは、「この“霊性”の芽は、育まなければ開花しない」ということです。
“霊性”と“自我”は同じ力の裏と表です。人間に与えられた最大の特性です。
放っておけば「自分さえ幸せであればよい」という方向に向かう力です。
だからこそ、“育む”ことが必要なのです。
ただ、その為に簡単なマニュアルはないでしょう。
なぜなら、“霊性”は究極的には、ひとりひとりが、自分自身の力で、自分自身のやり方で開花させてゆくものだからです。

だとすれば、21世紀に生まれ育つ子どもたちのために、今の私たちに何ができるでしょうか。私は「地球交響曲」という映画を通して、世界の何人かの人々の生き方、考え方を提示し続けたいと思っています。

彼らの生き様が、子どもたちの“霊性”を育むのに役立つか否かはわかりません。 ただ、「子どもたちの中に必ず存在する、内なる”霊性”を激励する」という強い想いを持って、この映画を作り続けます。
必ずしも、直接子どもたちに語りかける、という手法はとりません。
なぜなら、子どもたちの“霊性”を育むのは、映画そのものではなく、子どもたちの日常に直接触れている大人たちの中の“霊性”であるからです。

出 演
 ジェームズ・ラブロック(生物物理学者)
 名嘉 睦稔(版画家)
 ジェーン・グドール(野生チンパンジー研究家)
 ジェリー・ロペス(ビッグウェーブ サーファー)

声の出演
 内田 稔(ジェームズ・ラブロック)
 榊原良子(ジェーン・グドール)
 時任三郎(ジェリー・ロペス)

ナレーター=木内みどり、榎木孝明
監督=龍村 仁
[PR]
by cocciacci | 2010-02-03 01:37 | 今月の映画上映

地球交響曲ガイアシンフォニー第3番

地球交響曲ガイアシンフォニー
『地球交響曲第3番』3月21日(日) 11:00〜
この映画は、21世紀の到来を前に、地球(ガイア)の未来にとって、極めて示唆的なメッセージをもつ世界の6人の人々のオムニバス映画です。登場人物はいずれも、現代の常識を越えた事を成し遂げた人、あるいは体験した人達です。
 今生きている我々ひとりひとりが、"心”にどんな未来を描くかに依って、現実の地球(ガイア)の未来が決まってくる。映画「地球交響曲(ガイアシンフォニー)」が、全ての人々の"心”のための元気薬になれば、と願っています。映画監督:龍村 仁

1997年 作品
e0196676_122858.jpg

「地球交響曲第三番」では、1996年8月8日にロシアのカムチャツカで熊に襲われて 亡くなった写真家、星野道夫と行くはずだったアラスカの大自然の旅を縦軸にして 宇宙的なスケールで人類の未来を語る宇宙物理学者フリーマン・ダイソン博士を 太古からの鬱蒼とした森に囲まれ、野生のオルカ達が集まってくるカナダ・ハンソン島で撮影。 また、ハワイからタヒチ島までの、かつて祖先達が渡ってきた外洋カヌーの航海を復活させた、 ハワイ先住民族ナイノア・トンプソンを登場人物としています。
私達のこころの奥に眠っている五千年以上前の記憶を呼び覚まし“地球の心” “いのちの不思議”に遠く思いを馳せる架け橋になればと願っております。

 出 演
(星野道夫篇)
 星野道夫(写真家)
 ビル・フラー、メアリー・シールズ、ボブ・サム、エスター・シェイ、ウィリー・
ジャクソン、シリア・ハンター、ジニー・ウッド、ドン・ロス、クリフォード・ウェ
イオワナ、
星野直子、星野翔馬

(フリーマン・ダイソン篇)
 フリーマン・ダイソン(宇宙物理学者)
 ジョージ・ダイソン、ポール・スポング

(ナイノア・トンプソン篇)
 ナイノア・トンプソン(カヌー航海者)
 ローラ・トンプソン、ミルドレッド・セキマ

声の出演
 和田 俊(フリーマン・ダイソン)
 三田村邦彦(ナイノア・トンプソン)
 榊原良子(オープニング、メアリー、ミルドレッド、ジニー)

ナレーター=木内みどり、榎木孝明
監督=龍村 仁
監修=稲盛和夫
[PR]
by cocciacci | 2010-02-03 01:23

『映画が見たい!』継続決定!!

冬の佐渡には映画がぴったり。
2月もacci-cocci企画『映画が見たい!』継続決定しました。
薪ストーブのパチパチ音を聞きながらの映画は格別です
ベルギー人の焼く、ベルギーワッフルもあるんです037.gif
e0196676_7104579.jpg

『めがね』詳細
e0196676_2264721.jpg

e0196676_2262118.jpg

『すてきな3人ぐみ』詳細
e0196676_711421.jpg

『かもめ食堂』詳細
[PR]
by cocciacci | 2010-02-01 07:16 | 過去の映画上映